Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIGLOBEメール」のフィッシングサイトが発生 - 類似攻撃に注意を

NECビッグローブとフィッシング対策協議会は、ウェブメールサービスを装ったフィッシングサイトが発生しているとして、利用者に注意を喚起した。

今回確認された攻撃は、NECビッグローブのウェブメールサービス「BIGLOBEメール」を装い、利用者の「ID」や「パスワード」を奪うフィッシングサイト。

すでに問題のサイトは、停止しているが、今後類似した攻撃が発生する可能性がある。フィッシング対策協議会では、同様の攻撃を見つけた場合は連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意