Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、月例セキュリティ更新プログラム7件を公開予定 - 「緊急」は1件

日本マイクロソフトは、1月11日に7件の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、8件の脆弱性を修正する予定だ。

深刻度がもっとも高い「緊急」にレーティングされているプログラムは1件のみ。Windowsにおいてリモートでコードが実行される脆弱性を解消する。

残りのプログラム6件の深刻度はいずれも「重要」でWindowsや開発ツールにおける脆弱性に対応。リモートでコードが実行される脆弱性や特権の昇格、情報漏洩、セキュリティ機能がパイパスされる問題などを修正する見込み。

(Security NEXT - 2012/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正