Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アメーバに不正アクセス、会員5万人が一時退会状態に - データ損失や漏洩は発生せず

大手ブログサービス「アメーバ」が、不正アクセスを受け、約5万人のユーザーが一時サービスを利用できない状態に陥った。すでにサービスは復旧している。

同サービスを運営するサイバーエージェントによれば、12月24日21時半ごろに不正アクセスを受けたもので、同サービスへ登録している会員約5万件のIDが退会状態となり、投稿や関連サービスを一時利用できなくなったという。

同社では、翌25日0時ごろに被害を把握。全データを不正アクセスが発生する前の状態へ戻し、12月26日8時に復旧した。データの損失や改ざん、個人情報の流出、仮想通貨の不正利用などは発生していないとしている。

同社では今回の不正アクセスについて、警察に被害状況を報告し、関連資料を提出。原因などを調べている。

(Security NEXT - 2011/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移