Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BYODを考慮したスマホセキュリティガイドラインが公開 - 合言葉は「さあ、スマートフォンしましょう」

日本スマートフォンセキュリティフォーラム(JSSEC)は、セキュリティに配慮したスマートフォンやタブレット端末の業務利用についてガイドラインとして取りまとめ、公開した。

今回公開した「スマートフォン&タブレットの業務利用に関するセキュリティガイドライン」は、業務におけるスマートフォンの導入メリットや留意点、脅威や対策、ライフサイクルなど、安全利用に向けて組織が考慮すべきポイントを取りまとめたガイドライン。

ガイドラインの対象を、組織が所有する業務用端末に限定せず、個人所有のスマートフォンを業務に持ち込む「BYOD(Bring Your Own Device)」など、業務とプライベートで兼用する場合についても対象とした。

同フォーラムでは、9月にベータ版を発表していたが、パブリックコメントを元に改訂を行い、正式版を公開。第1版では、利用シーンごとの対策をまとめた「対策チェックシート」をはじめ、「導入手順」「ポリシー(誓約書)」なども収録している。

(Security NEXT - 2011/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準