Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソフトが無償で利用できる「USB3.0」対応USBメモリ

エレコムは、「USB3.0」に対応したUSBメモリ「MF-CSU3シリーズ」をを12月上旬より発売する。

同製品は、「USB3.0」に対応し、1秒あたり最大120Mバイトのデータ転送に対応したUSBメモリ。Mac OS Xにも対応している。USBコネクタ部分はキャップレスの「スライド方式」を採用した。

同シリーズでは、セキュリティ対策として2種類のセキュリティ対策ソフトをダウンロード提供する。

「PASS」は、認証機能を提供するソフトウェアで、ソフト上に登録された3台のパソコンまで、接続時にパスワードを入力することなく、すぐにデータにアクセスできる。さらにAES256bitによる暗号化機能を備えた「PASS×AES」についても利用することができる。

64Gバイト、32Gバイト、16Gバイトの3問デルを用意しており、いずれもオープンプライス。

(Security NEXT - 2011/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給