Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、販売パートナー向けに販促支援ツールを提供

エフセキュアは、パートナー向けに販売支援ツール「エフセキュアパートナーポータル」の提供を開始した。

同サービスは、販売パートナー向けにオンラインで提供している支援ツール。フィンランドなどヨーロッパで提供しているパートナー向けサービスを国内でも展開する。

専用ポータルサイトでは、顧客における同社製品のライセンス状況を参照することが可能。エンドユーザーに対して、更新ライセンスの販売など効果的な顧客管理ができる環境を提供し、パートナーのビジネスを支援する。

また顧客情報のほかに、キャンペーン情報や営業に利用できる技術資料、イベントの情報やプレゼンテーション資料、検証用のベータ版や最新モジュールなどをダウンロードすることが可能。

さらに製品の価格、ライセンスに関する情報を配信。価格改定のスケジュールなど、一般公開前に内容をいち早く確認することができる。今後は見積もり機能を追加する予定。

(Security NEXT - 2011/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング