Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、Red Hatの最新OSに対応したLinuxサーバ向けウイルス対策ソフトを発売

HDEは、「Red Hat Enterprise Linux 6.1」に対応したLinuxサーバ向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus X」を、11月28日より発売する。

同製品は、Linuxサーバ用のウイルス対策ソフト。ファイルのリアルタイムスキャンを行う「同Realtime Scan」、スケジュールベースでのウイルススキャンを実施する「同for Server」、メールやウェブからのウイルス侵入をリアルタイムで阻止する「同for Gateway」の3製品で構成されている。

最新版では、Red Hatの最新OSである「Red Hat Enterprise Linux 6.1」に対応。価格体系を見直し、ボリュームディスカウント制を導入した。また価格を抑えた教育機関向けおよび自治体向けライセンスをあらたに設定している。

(Security NEXT - 2011/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化