Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、IC免許証の改ざん検知ソリューションを開発 - 顔写真の偽造も検知

NECは、IC運転免許証に登録されたICチップ内容や顔写真の改ざんを確認できるパッケージを2012年3月より提供する。

同社が提供を予定している「NeoFace for本人確認リーダー」は、金融機関や通信事業者などIC運転免許証による本人確認時などに改ざんされていないか確認できるソリューション。ICチップの読取機能を搭載したA6カラースキャナとアプリケーションで構成されている。

パソコンに接続したスキャナのICカードリーダからICチップの内容を読み込み、改ざんの有無を確認。さらに顔写真をスキャナで読み込み、ICチップの顔写真と自動照合することで偽造されていないかを確認し、疑わしい内容がある場合、パソコン上へ表示する。

オプションとして、約1万2000種類ある健康保険証の自動券面スキャニングに対応。入力作業の効率化できる。

価格はオープンプライス。金融機関、通信事業者、自治体など中心に今後2年間で4000セットの販売を目指している。また小売業向けの端末など組み込みソリューションとして展開する。

(Security NEXT - 2011/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加