Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染による防衛関連の情報流出確認されず - 三菱重工

三菱重工業は、同社のサーバやパソコンにウイルスが感染していた問題で、ウイルス感染が原因となる防衛関連の情報流出は認められなかったと発表した。

今回の問題は、8月中旬に同社本社や生産拠点など11カ所において、標的型攻撃などによりパソコンやサーバ83台がウイルスへ感染していたことが判明したもの。その後、専門家とともにデータ流出の有無について調査を進めていた。

同社は防衛関連データの調査を完了したとし、情報の外部流出はなかったと結論付けた。今後は他製品について、引き続き調査を進めていく。

(Security NEXT - 2011/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向