Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android狙う「DroidKungFu」がボットネットとして活動を本格化 - 米Fortinetが観測

Androidを狙ったマルウェア「DroidKungFu」が、ボットネットとして本格的な活動を開始しているとして、米Fortinetが警鐘を鳴らしている。

「DroidKungFu」は、脆弱性を攻撃してroot権限を奪う機能を備えたマルウェア。6月に登場したが、その後同社では、複数の亜種を検知している。亜種のひとつは「VPNクライアント」を偽装っており、ソーシャルエンジニアリングで感染を広げている。

感染すると、デバイスのroot権限が取得され、マルウェアのダウンロード、不正サイトのURLを開く、プログラムの起動、システム上のファイル削除など、さまざまな攻撃活動を行うという。

同社では、PCに感染するマルウェアと同様の攻撃を行うなど巧妙で、ボットネットとして活動開始していることから、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応