Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コールセンター従業員が顧客カード情報を不正利用し逮捕 - SCSK子会社

コールセンター事業など展開するCSKサービスウェアの契約社員が、顧客のクレジットカード情報を取得し、不正利用していた容疑で逮捕された。

CSKサービスウェアによれば、同従業員はカスタマーセンターにおいて、顧客企業から委託された製品に対するユーザーからの問い合わせ対応業務を担当。業務の過程で入手したクレジットカード情報を不正に利用し、音楽コンテンツなどを購入していたという。

9月下旬に警視庁から問い合わせがあり、同社では内部調査を実施。カード情報の不正利用の疑いが判明した。同従業員は10月31日に逮捕され、同社では11月1日付けで懲戒解雇している。

同社では再発防止委員会を設置。従業員教育の強化や不正を未然に防ぐシステム構築について、外部専門家のもと検討し、セキュリティ対策の強化を進める。

(Security NEXT - 2011/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県