Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資産管理からセキュリティチェックまで提供するクラウド型サービス - 日本事務器

日本事務器は、資産管理からセキュリティ対策までトータルで提供する「Asset CHECKER クラウド」を提供開始した。

同サービスは、クライアントソフトのインストールのみで利用できるサーバ不要のサービスで、4種類のサービスとヘルプデスクから構成されている。

「資産管理サービス」では、クライアントPCのハードウェア、ソフトウェア情報を収集してデータベースを自動的に作成する機能を提供。また「危険ソフトウェア通報サービス」にて、情報漏洩のリスクが高いソフトを監視し、アラートを表示する。

さらにUSBメモリの接続制限を行う「USBメモリ制御サービス」、OSのパッチ適用やウイルス対策ソフトの状況などをチェックする「セキュリティポリシーチェックサービス」を用意した。

料金は、全サービスが利用できるスタンダード版が、1台あたり月額400円。資産管理サービスを除くセキュリティ版が月額300円。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも