Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「違法販売サイト」に注意、商品送らず個人情報狙うサイトも

偽ブランド品や医薬品の個人輸入斡旋サイトなどで、個人情報を詐取されるケースがあるとして、セキュアブレインが注意を呼びかけている。

同社は、攻撃の多様化により個人情報が流出する事件が発生していると指摘し、最近の傾向を「フィッシング詐欺サイト」「APT」「スマートフォン」「違法販売サイト」の4種類に分類。

なかでも、一見偽ブランド品の販売や、医薬品の個人輸入について斡旋を行うサイトと見せかけつつ、実体は存在せずに情報詐取を目的としたサイトも存在するという。注文したが商品が届かず、個人情報やクレジットカード情報が騙し取られたケースが同社に報告されている。

また相次いでいる大手銀行を狙った「フィッシング詐欺サイト」や、特定の組織や個人を狙った標的型攻撃などの「APT」のほか、スマートフォンやタブレットの利用などについても、攻撃対象のプラットフォームが多様化しており、不正サイトやマルウェアが確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG