Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ウェブ経由の脅威を防ぐゲートウェイを発売 - ボット対策機能も搭載

シマンテックは、ウェブ経由のマルウェア感染を防止するセキュリティゲートウェイ「Symantec Web Gateway 5.0」を発売した。ボット感染の検知機能も備えている。

同製品は、ウェブ経由のマルウェア感染を防止することができるセキュリティアプライアンス。クラウドベースのファイルレピュテーション機能である「Insight」を搭載。リアルタイムでスキャンを行い、マルウェア感染を防止できる。

さらにレピュテーションベースによるドメインやIPによるアクセス制御、URLコンテンツフィルタ機能にくわえ、内部ネットワークからインターネットへの不審な通信を検知する「ボット対策機能」を搭載した。

また「Symantec Data Loss Prevention」との統合が可能。SSLによるアクセスを含むウェブサイト経由の情報漏洩を監査し、外部への流出を防止できる。

すでに「VMware ESX/ESXi」向けの仮想アプライアンス「Virtual Edition」は提供を開始しており、ハードウェアアプライアンスについては、1000ユーザーまで対応する「Symantec 8450」と1000ユーザーまで対応する「Symantec 8490」を11月14日より提供する。

ハードウェアの価格は「Symantec 8450」が約70万円、「Symantec 8490」が約500万円。別途1年から3年までのサブスクリプションライセンス契約が必要。1ユーザーあたりの価格は1500円から5000円程度。

(Security NEXT - 2011/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ