Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、データベースファイアウォールの日本語版を発売

日本オラクルは、データベースに対する不正な命令を遮断するデータベースファイアウォール「Oracle Database Firewall」の日本語版を11月9日より提供開始する。

同製品は、アプリケーションサーバとデータベース間で動作してSQLコマンドを解析、データベースサーバに対する不正なSQLコマンドの実行を阻止するデータベースファイアウォール。既存のデータベースを変更することなく利用できる。

管理者は、実行されたSQLコマンドからホワイトリストを作成することが可能。ブラックリストの作成にも対応している。また日時や曜日、ネットワークによる制御が可能。SQLインジェクションといったインターネット経由の攻撃だけでなく、内部関係者の不正操作を排除できる。

さらにSQLコマンドのログを収集し、不正発見時に監視システムへアラートを出すことが可能。問題の究明などに利用できる。価格は、マネジメントサーバが625万円。別途データベースサーバごとに54万3500円が必要。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
Citrix製仮想デスクトップに複数の脆弱性 - 権限昇格のおそれ
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
ルータ向けLinuxディストロにRCE脆弱性 - 修正版は未提供
Lenovo製ソフトウェア「PC Manager」に権限昇格の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を