Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通四国システムズ、WindowsとAndroidのポリシー統制を支援するサービス

富士通四国システムズは、PCとAndroid端末を一元管理できるクラウドサービス「IT Policy N@vi」を10月28日より提供開始する。

同サービスは、Windowsを搭載したPCとAndroid端末の一元管理により、企業のITガバナンス強化を支援するソリューション。クラウドは、富士通四国システムセンターで運用し、システム構築の初期費用やメインテナンス費用は不要。

ソフトウェアのバージョンやパスワード設定を管理する「セキュリティポリシー」や、リモートによるロックや削除、初期化、端末の機能制限を行える「モバイルセキュリティポリシー」を用意した。

また「IT資産統制ポリシー」「エコポリシー」「システム運用ポリシー」などチェックすることができ、違反端末を通知することでポリシー順守をサポートする。

ウェブ上のダッシュボードから一元管理が可能で、ポリシー違反やライセンス違反は赤く表示される。またドリルダウン機能により違反端末を特定し、対処を指示することができる。

(Security NEXT - 2011/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP