Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド対応、脆弱性モニター搭載した法人向け製品を発売 - カスペルスキー

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows」「Kaspersky Security Center」を10月31日より発売する。

「Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows」は、Windowsワークステーションやサーバを、マルウェアなどから保護するセキュリティ対策製品。「Kaspersky Security Center」により一元管理を実現している。

定義ファイルによるマルウェア対策にくわえ、ユーザーから収集した情報を活用して防御するクラウド技術「Kaspersky Security Network」を統合。マルウェアへの対応スピードの向上や誤検知の低下など改善した。

ファイアウォールとIPS機能を搭載。プリセットルールを250以上実装したほか、HTTPトラフィックのスキャン機能などを備えている。さらに使用するアプリケーションやデバイスのコントロール、ウェブフィルタリングについてコントロールすることができる。

また脆弱性スキャン機能をあらたに搭載しており、リアルタイムやオンデマンドの検査が可能。システムの問題点や、未適用のパッチ、OSやアプリケーションの更新状況などレポートを提供する。

(Security NEXT - 2011/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT