Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

44.1%のユーザーがスマホでプライバシー公開 - 20代は6割超

スマートフォン利用者の5割弱が、アプリやサービスを通じてなんらかのプライバシー情報を公開していることが、NTTレゾナントの調査により判明した。

同社調査サービス「gooリサーチ」の登録者で、スマートフォンを所有者を対象に、インターネット上でアンケート調査を実施したもの。有効回答は1573件。

同調査によれば、スマートフォン上で利用できるアプリやサービスにおいて、44.1%がなんらかのプライバシー情報を公開しているとの回答。「日常生活や趣味、仕事などの個人的な情報」が28.7%でもっとも多く、個人名が20.9%、位置情報が18.1%で続いた。

所有する端末で比較すると、「iPhone」所有者の公開割合は49.5%、Android所有者は38.2%で、iPhone所有者の方が割合が高かった。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ