Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhone 5GS発売」と騙しマルウェアへ感染させるスパムに注意 - Macには感染せず

複数セキュリティベンダーが、Appleの最新スマートフォンに便乗したスパムが発生しているとして、注意を呼びかけている。

111004fs_01.jpg
F-Secureが発見したスパムメール

問題のスパムは、Appleが10月4日の製品発表イベントで発表すると憶測が出ている「iPhone」最新機種の話題に便乗したもの。「金曜日にiPhone 5GSが発売」などと騙してユーザーに興味を持たせ、リンクをクリックさせる手口だった。

誤ってリンクをクリックすると不正サイトへ誘導され、実行ファイル「iphone5.gif.exe」がダウンロードされる。

同プログラムはボットで、誤ってファイルを開いて感染すると、IRC経由で遠隔からコントロールされ、情報漏洩など被害が発生する可能性がある。「Windows」プラットフォームをターゲットとしており、同じAppleが提供する「Mac OS X」には感染しないという。

同プログラムを検知したセキュリティベンダーのSophosでは「Mal/Zapchas-A」、F-Secureでは「IRC-Worm.Generic.2106」として対応。各社不審メールへの注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
メッセージアプリ「WhatsApp」に情報漏洩の脆弱性
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用
偽ヤマダ電機の詐欺メールに注意 - 「iPhone 11 Pro Max当選」と誘導
Apple、「iOS 13.1」をリリース - 脆弱性の修正内容は不明
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析