Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズら、ユーザーの設定情報とデータのみ集中管理できるソリューション

日立ソリューションズ、クオリティソフト、ユーグリッドの3社は協業し、PCの設定情報とデータを集中管理するソリューションを提供開始した。

同ソリューションは、クオリティソフトのバックアップアプライアンス「QQR」、IT資産とライセンス管理が行える「QAW」、ユーグリッドのユーザー設定管理を実現する「EUGRID PLATFORM Client Edition」を組み合わせたもの。日立ソリューションズがインテグレーションと販売を担当する。

「EUGRID PLATFORM Client Edition」は、PCのOSやインストールしたソフトはそのまま、ユーザー設定情報とデータのみを仮想化して集中管理できる製品。これらのデータを「QQR」でバックアップすることで、低コストでデータの保護を行い、早期の環境復旧を実現するという。

また「QAW」との連携により、Active Directory環境下にないPCも同様の環境下に置き、EUGRIDのクライアントとして管理することが可能。標準アプリケーションのアップデートや設定変更、セキュリティパッチ適用、ソフトウェアライセンス管理に対応している。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ