Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサインがサービスを一部再開 - 認証局インフラの安全性を確認

GMOグローバルサインは、サイバー攻撃の犯行声明を受け、調査のためサービスを停止していたが、安全性を確認できたとして、証明書の発行サービスの一部を再開した。

同社によれば、今回の攻撃で米子会社であるGlobalSignのウェブサーバに対する不正アクセスを確認したが、受発注システムや認証局インフラとは分離されており、サービスへの影響はなかったという。

認証局の秘密鍵についても、オフラインで管理されており、第三者に取得されることはないと断言。登録局で申請された証明書と、認証局から発行された証明書を照合し、不正証明書の発行がなかったことについても確認したと説明している。

同社では、今回の件を受けてあらたな監視機能の導入し、外部セキュリティベンダーの協力のもとシステムを再構築。安全性の確認したとして、9月15日より証明書発行サービスを一部再開した。

当初「クイック認証SSL」「企業認証SSL」「EV SSL」の発行を開始し、他サービスについても段階的に再開する予定。通常自動化されている機能を目視による確認作業に変更するため、通常より発行時間がかかる場合があるとしている。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合