Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社のサーバに侵入された可能性 - GMOグローバルサイン

オランダの認証局DigiNotarを攻撃したと主張する人物が、他認証局に対しても攻撃を行ったとして犯行声明を出している問題で、GMOグローバルサインは、米国子会社であるGlobalSignのサーバが不正侵入を受けた可能性があることを明らかにした。

GMOグローバルサインでは、犯行声明を受けてシステムを一時停止し、影響など詳細を調べているが、中間報告として公表したもの。同社によれば、米GlobalSignのサイト「www.globalsign.com」を管理しているサーバが攻撃を受けたおそれがあることを確認したという。

GMOグローバルサインでは、現段階において、他認証システムや受発注システムなどへの侵入は確認されていないと説明。同社では、他認証局と協力しながら、引き続き検証を進めるとしている。

(Security NEXT - 2011/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合