Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、セキュリティ研究者の海外進出を支援 - 「Black Hat」の論文応募をサポート

インターネット協会は、国内のセキュリティ研究者や技術者による論文発表を支援する活動を開始する。

すぐれた人材の発掘を目的とした活動の一環で、国際セキュリティ会議「Black Hat Conference」への論文応募を支援したり、国内における論文発表の場を提供する。

同協会では、最初の試みとして9月12日に「Black Hat」への論文応募に関する説明会を都内にて開催する。応募締め切りは9月9日。定員は25名で定員になり次第締め切る。

講師は、フォティーンフォティ技術研究所代表取締役社長で、「Black Hat」において応募論文を審査するレビューボードの鵜飼裕司氏が担当。提出する論文に関するアドバイスを提供する。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「Java SE」脆弱性の詳細が明らかに - 発見者が影響の大きさ指摘
若年層の発想力や研究開発力を育成する「SecHack365」が受講生募集を開始
ヘッドレスCMS「Directus」に権限昇格の脆弱性 - アップデートが公開
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
「Spring Core」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」の指摘
「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに
「Sophos Firewall」に深刻な脆弱性 - すでに悪用する攻撃も
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
「Movable Type」の既知脆弱性を探索するアクセスが増加