Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、MSSにシスコの高トラフィックアプライアンスを追加

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」にて提供しているマネージドセキュリティサービス(MSS)の対応機器を拡張した。

同サービスにおいて、高トラフィックに対応するシスコシステムズの「Cisco ASA 5585-X適応型セキュリティアプライアンス」を対応機器に追加したもの。同アプライアンスでは、10GbpsによるIPSデータ転送に対応している。

同サービスでは、さらに同社が独自開発したシグネチャ「JSIG」を適用することで、日本固有の攻撃に対する検知率を向上させることが可能。国内企業からの需要に対応する。

(Security NEXT - 2011/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ