Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、MSSにシスコの高トラフィックアプライアンスを追加

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」にて提供しているマネージドセキュリティサービス(MSS)の対応機器を拡張した。

同サービスにおいて、高トラフィックに対応するシスコシステムズの「Cisco ASA 5585-X適応型セキュリティアプライアンス」を対応機器に追加したもの。同アプライアンスでは、10GbpsによるIPSデータ転送に対応している。

同サービスでは、さらに同社が独自開発したシグネチャ「JSIG」を適用することで、日本固有の攻撃に対する検知率を向上させることが可能。国内企業からの需要に対応する。

(Security NEXT - 2011/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド