Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テニス用品通販サイトに不正アクセス、クレジットカード情報が流出

テニス用品通販サイト「テニスギア」に不正アクセスがあり、顧客のクレジットカード情報263件が流出していたことがわかった。

同サイトを運営するスポーツギアによれば、5月14日から同月16日の間、断続的に不正アクセスを受け、データベース内のクレジットカード情報が流出したもので、5月18日にカード情報の不正使用に関する照会が複数あり、被害に気がついたという。

流出したのは、2月10日から5月16日の間に、同サイトでクレジットカード決済を利用した248人のクレジットカード情報。カード番号、有効期限、セキュリティコードなど263件が流出したが、そのうち10件は同社関係者で、5件は有効期限切れだったとしている。

今回の不正アクセスは、システムの脆弱性を突いた「SQLインジェクション」による攻撃で、日本国内や中国を中心とする海外から、断続的に行われていたという。同社の他関連サイトについては、影響なかった。

同社では、事件発覚後にカード情報をデータベースから抹消し、カード情報を保有しないシステムへ変更。脆弱性対策などを実施した。また対象となる顧客に対し、経緯説明やお詫び品の送付など対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン