Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国交省PCのウイルス感染、個人情報886件が流出のおそれ

国土交通省のPCがウイルスに感染し、内部情報が外部へ流出した可能性があることが判明した問題で、流出した可能性がある個人情報は886人分であることがわかった。

同省四国地方整備局のPCがウイルスに感染したことにより、個人情報含む業務情報流出の可能性が明らかになったもので、行政システムのログイン情報や第三者の個人情報が外部へ流出したおそれがあるとして、7月27日に発表している。

その後の調査で、地元ボランティア関係者467人分の氏名と団体名。他機関や自治体関係者275人分、工事関係者117人分、学識者27人分の氏名、電話番号、メールアドレス、所属について流出の可能性があることが判明した。

流出した情報は外部で見つかっていないが、同省では引き続き調査を進めている。また対象となる関係者に対し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市