Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコーとエムオー、クラウドによる資産管理ソフトの提供で協業

リコージャパンとエムオーテックスは、クラウドサービスによるIT資産管理ソフトの提供で協業した。

今回の協業により、リコージャパンは、同社中小企業向けクラウドサービスにおいて、エムオーテックスのIT資産管理ツール「LanScope クラウドキャット」を販売するもの。今後3年間で新規顧客を2000社を開拓し、10万クライアント獲得を目指して事業を展開する。

「LanScope クラウドキャット」は、パソコンやソフトウェアといった資産を管理できるソフトウェア。IT資産の台帳管理にくわえ、セキュリティパッチやセキュリティ対策ソフトの管理機能、アプリケーションの起動禁止機能を備えている。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション