Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリアスウィフト、ウェブセキュリティ製品の最新版を発売 - アクセス分析機能を拡充

クリアスウィフトは、企業におけるウェブセキュリティ対策を実現する「CLEARSWIFT SECURE Web Gateway」の最新版を発売した。

同製品は、ウェブ経由のウイルス感染や情報漏洩などを防止できるセキュリティソリューション。最新版となる「同2.4」では、ユーザーによるウェブへのアクセス状況を分析し、アクセス時間、日時、使用帯域、ブロック理由などレポートとして提供する機能を用意した。

さらにフィルタリング機能のURLカテゴリ数を77種類から83種類に拡充しており、登録Webページ数を全約90億ページに増強。あらたに「アドウェア/スパイウェア」「マルウェア広告」カテゴリを追加するなど、アドウェア対策機能を強化した。50ユーザー利用時の参考価格は、63万円から。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC