Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エアネット、サイト改ざんチェックサービスを開始 - 検知時はアラート送信やメンテ画面を表示

エアネットは、自社のホスティングサービス利用者向けに、サイトを1日1回定期チェックする「Web改ざん検知サービス」を提供開始した。

同サービスは、サイト改ざんの有無を定期的にチェックするもので、1日1回、サイトのコンテンツを解析し、改ざんが検知した場合は管理者へアラートメールを送信する。

また検知時には、サイトを自動的にメンテナンス画面へ切り替えることで、訪問者の二次感染を防止。改ざん内容の詳細なレポートも提供する。

同サービスにあたっては、セキュアブレインの「gredセキュリティサービス」を採用した。同社のマネージド専用サーバ、もしくは共用ホスティングの利用者が対象で、月額利用は、5ドメイン以内、解析対象100ページまでで2650円から。

(Security NEXT - 2011/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加