Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け「i-フィルター」ベータ版を公開 - 保護者による遠隔管理に対応

デジタルアーツは、フィルタリングソフト「i-フィルター」のAndroid対応版「i-フィルター for Android」を発表した。ベータ版を7月21日から9月30日まで提供し、10月1日より製品版の発売を開始する。

i-フィルター for Android
i-フィルター for Android

同ソフトは、フィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」の機能を搭載したAndroid向けアプリ。子どもにはふさわしくないウェブサイトへのアクセスをブロックする。

保護者が遠隔操作で設定や管理ができるのが特徴。利用アプリの制御や利用時間の制限、フィルタリングの設定、ネット利用状況の確認などが、保護者の端末から行える。

さらにブロック対象ページの解除申請や、フィルタリング強度の詳細設定にも対応した。ベータ版はAndroid Marketからダウンロードして利用できる。

(Security NEXT - 2011/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡