Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、Firefoxの脆弱性に関する検証レポートを公開

NTTデータ先端技術セキュリティ事業部(旧NTTデータ・セキュリティ)は、5月に判明した「Firefox」のメモリ破壊に関する脆弱性「CVE-2011-0073」の検証レポートを公開した。

検証イメージ
NTTデータ先端技術が実施した検証

同脆弱性は、「Firefox」において削除されたオブジェクトを誤って処理する不具合。細工されたウェブページを閲覧するとメモリ破壊が発生し、リモートでコードを実行される可能性がある。同社が実施した検証においてもシステムの制御の奪取に成功したという。

影響を受けるのは、「Firefox 3.6.17」や「Firefox 3.5.19」「SeaMonkey 2.0.14」の以前のバージョン。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正