Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、Firefoxの脆弱性に関する検証レポートを公開

NTTデータ先端技術セキュリティ事業部(旧NTTデータ・セキュリティ)は、5月に判明した「Firefox」のメモリ破壊に関する脆弱性「CVE-2011-0073」の検証レポートを公開した。

検証イメージ
NTTデータ先端技術が実施した検証

同脆弱性は、「Firefox」において削除されたオブジェクトを誤って処理する不具合。細工されたウェブページを閲覧するとメモリ破壊が発生し、リモートでコードを実行される可能性がある。同社が実施した検証においてもシステムの制御の奪取に成功したという。

影響を受けるのは、「Firefox 3.6.17」や「Firefox 3.5.19」「SeaMonkey 2.0.14」の以前のバージョン。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を