Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、AndroidをサポートしたTMMS最新版を発売 - 「スタンダード」「アドバンス」を用意

トレンドマイクロは、Androidに対応したスマートフォン用セキュリティ対策製品「Trend Micro Mobile Security 7.0(TMMS)」を、8月3日より出荷開始する。

Trend Micro Mobile Security 7.0
TMMS画面イメージ

同製品は、企業におけるスマートフォンのセキュリティ対策を実現するセキュリティソリューション。従来の「Windows Mobile」にくわえ、最新版では「Android」をサポートした。

Android端末向けに2種類のラインナップを用意。「スタンダード」では、マルウェア対策、ウェブレピュテーション機能、着信やメールのフィルタリングなど、セキュリティ対策機能を搭載。ポリシー管理やパターンファイルの強制アップデート、ログ管理などの集中管理機能を提供する。

上位版となる「アドバンス」ではこれらの機能にくわえ、遠隔操作による端末ロックやデータ消去、GPSによる端末検索などの紛失対策機能を利用可能。

250から499アカウント購入した場合の1アカウントあたりの価格は、スタンダード版が3265円。アドバンス版が6531円。同社では、今後1年間に5億円の販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2011/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化