Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報2万4000件含むUSBメモリが所在不明 - 慶大病院

慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センターにおいて、患者2万4459人の個人情報含むUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

6月17日に紛失が判明したもので、USBメモリは所定のキャビネットに保管され、夜間は施錠されていたが、4月28日に確認されたのを最後に所在がわからないという。

USBメモリ内部には、1991年9月から2011年4月にかけて同センターを受診した2万4459人の個人情報が保存されていた。患者の氏名、ID、電話番号、性別、生年月日、傷病名などが含まれる。

同院ではUSBメモリ内の個人情報について、データベースソフトで管理されており、IDとパスワードがなければ内容を閲覧できないと説明している。

同院では対象となる患者に説明と謝罪の文書を送付した。また院内で利用するUSBメモリについて、セキュリティを強化したものへ統一するなど、対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大