Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシス、ウェブサイトの安全運用を支援するソリューション

日本ユニシスは、ウェブサイトの安全な運用を支援するセキュリティサービス「Webセキュア・クリニック・ソリューション」を、7月15日より提供開始する。

同ソリューションは、安全なウェブサイトの運用にあたり対応すべきセキュリティ対策を多面的に提供するサービス。今回は第1弾として、3機能を提供する。

「Web開発に携わる責任者向けセキュリティeラーニングサービス」は、開発や要件定義にあたり必要な知識を学べる開発責任者や委託もと責任者向けサービス。

さらに「脆弱性診断サービス」では、テストや運用字にウェブサイトのセキュリティチェックを行うことが可能。また「改ざん検知・変更管理ソリューション」を用意している。今後は常時監視サービスやWAFソリューションなども順次追加される予定。

(Security NEXT - 2011/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能