Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Docs」悪用するフィッシングサイトに注意

F-Secureは、Googleのサイト上でフィッシングサイトがホスティングされているケースを確認しているとして、注意を呼びかけている。

「Google Docs」のスプレッドシートは、ユーザーが入力フォームを作成し、外部へ公開できる機能を備えているが、同社では、こうした機能を悪用して個人情報やパスワードなどを窃取するフィッシング攻撃を、頻繁に確認しているという。

同社主席研究員を務めるMikko Hypponen氏は、「Google Docs」でホストされるフォームのドメインはいずれも「google.com」となり、同サービス上でホストされるフィッシングサイトは正規SSL証明書を利用しているなど厄介な問題だと指摘。

セキュリティ専門家が見ても正規サイトか判断ができないフォームも存在しており、インターネット利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超