Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のフィッシング攻撃、微減するも1万7000件台と依然高水準

EMCジャパンRSA事業本部は、同社が4月に検知したフィッシング攻撃の状況について取りまとめた。

同社によれば、4月に同社が検知したフィッシング攻撃は1万7376件で、前月の1万7586件からわずかに減少したが、10カ月ぶりに1万8000件台に達した2月以降高い水準を保っている。ウェブサイトのハイジャックによる攻撃が中心だった。

フィッシングで悪用されたブランド数は、前月に大幅な増加が確認され、342件まで上昇したが、4月は落ち着いて301件とだった。6回以上攻撃を受けた企業は約46%に上っている。

国別に見ると攻撃回数では大きな変化はなく、米国が46.5%を占めてトップ。イギリスが32.5%で続き、上位2カ国が大半を占めている。

ブランド別の攻撃数についても、米国が42.5%、イギリスが19%と目立っている。8.5%とインドが3位に上昇した。ホスト国は米国が63%で、2位以下はひと桁だと大きく差がついた。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート