Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、一部複合機にファックス誤送信の不具合 - アップデートを提供

リコーは、一部複合機のファックス機能に、誤送信が発生するおそれがあると発表した。同社では、対象商品のアップデートを実施している。

不具合が確認されたのは、「IPSiO GX3000SF」「同GX3000SF安心3年モデル」。特定条件下で同製品へ接続されている外付け電話で着信による通話を行うと、通話後最初のファックス送信時に、先頭の番号をダイアルせずに送信する不具合がある。

同社では、対象製品についてファームウェアのアップデートを実施。顧客へ連絡を取るなど対応を進めているほか、ウェブサイトにてファームウェアの最新版を提供している。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市