Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTube管理者を装うスパムメールに注意

G Data Softwareによれば、送信元として動画サイト「YouTube」の管理者を装うスパムメールが発生しているという。

問題のスパムは、本文中のリンクから医薬品販売サイトへ誘導する手口。英文によるスパムにとどまっており日本語で記載されたものは発見されていない。

これまでも「Twitter」の管理者を装うケースなどが確認されている。利用経験がなくても、有名サイトを装ったメールでは、受信者が確認のためにリンクをクリックすることがあり、こうした心理につけ込んだ攻撃だとG Dataでは分析している。

さらに同社は、スパムをきっかけにアクセスしたサイトで個人輸入を行ってしまった場合も、危険があると指摘する。

法律への準拠や製品の安全性などもちろん、個人情報の盗難やスパムの増加、マルウェアへの感染、クレジットカードの不正利用といったセキュリティ上のリスクが存在しているとして、同社はスパムを利用した医薬品販売に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社