Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハッカーは5種類、無視できない「ネット市民運動」 - ラック西本氏

不正アクセスによる大規模な個人情報漏洩事件が発生している。侵入の方法や目的が多様化しており、ラックで最高技術責任者を務める西本逸郎氏は、包括的な対策の実施を提言している。

ソニーグループで発生した大規模な顧客情報漏洩事件を受けて発表したコラムにおいて、指摘しているもの。

近年報道などで、攻撃者について「ハッカー」とひと括りにされることが多いが、同氏は、こうした「ハッカー」について「パイオニア」「開発者」「ネット市民運動」「犯罪者」「セキュリティ関係者」の5種類に分類し、攻撃の目的に注目している。

「パイオニア」は、技術的好奇心や自己顕示欲、売却など目的はさまざまだが、企業が設けたセキュリティ上の制限について突破を試みる人々。開発者は「パイオニア」によって見いだされた技術を活用するツールを作成する存在。

(Security NEXT - 2011/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性