Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Web、Android用セキュリティ対策ソフト日本語版を提供 - 100万DLを突破、無償キャンペーンも

Doctor Web Pacificは、「Android」搭載端末向けセキュリティ対策ソフト「Dr.Web for Android」の日本語版を提供開始した。

同製品は、スマートフォン向けセキュリティ対策ソフト。Android搭載機でウイルスをリアルタイムやオンデマンドでスキャンしたり、電話番号のブラックリストの編集を行うことができる。

ウイルス対策機能を提供する無償版の「Dr.Web for Android Light」とさらにスパム対策機能を追加した有償版の「Dr.Web for Android」が用意されている。

同社では、今回の日本語対応にあわせ、電話やSMS向けの柔軟性を備えたフィルタリングオプションを追加したほか、ユーザビリティについても向上させた。

同社では、「Android」にも対応した「Dr.Web Mobile Security Suite」を1年間利用できる有償ライセンス2人分を無償で提供するキャンペーン「Dr.Web Big Heart」を展開。すでに100万件以上のダウンロードを記録しているという。

同社では、同キャンペーンを2011年4月16日、17日、および4月29日から5月5日にかけて実施する予定。

(Security NEXT - 2011/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡