Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境への対応強化した「Symantec NetBackup 7.1」 - シマンテック

シマンテックは、バックアップソフトの最新版「Symantec NetBackup 7.1」を発表した。日本語版は4月5日より提供を開始する。

同製品は、情報の保護、保存、リカバリを実現するバックアップソリューション。最新版では、「仮想マシンインテリジェントポリシー」によって仮想マシンの検出と保護を自動化。「VMware vSphere」のリソース使用状況を把握しやすく改善した。

仮想マシンイメージのバックアップからファイルやフォルダを瞬時にリカバリできる「GRT」技術が、VMware環境のLinuxシステムに対応しており、仮想マシンのバックアップ時間が短縮されている。

このほか「Oracle」における重複排除のパフォーマンス向上や「MySQL」のバックアップとリカバリをサポートするなど機能を強化した。価格は62万円から。

(Security NEXT - 2011/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC