Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対策ソフトで検知できないウイルスが2010年10月以降に増加 - ラックが指摘

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」において2010年に観測したインターネットにおける脅威の動向を取りまとめた。

同年前半に目立ったネットワーク関連事故は、「Gumblar」をはじめとするウイルス感染だったが、後半には日本が攻撃対象から除外される動きもあり、脅威は減少した。

一方l同社では、10月以降にウイルス対策ソフトウェアでは検知できないウイルスを多数確認しているとし、セキュリティ対策ソフトの効果が弱まっていると指摘する。

こうしたウイルスについて、同社では通信内容から把握したもので、多くのソフトでは検知できないことから、多数潜伏している可能性があると分析。セキュリティ対策ソフトのみの防御ではなく、ネットワーク監視など多層的防御の重要性が2011年以降増すと予測している。

またAndroid端末向けアプリケーションにウイルス「Geinimi」が混入した事例を挙げ、スマートフォンがPC同様の機能を備えていることから、こうしたウイルスの増加に懸念を示している。

(Security NEXT - 2011/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム