Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

停電前にはストレージ製品やPCの電源オフを - 機器やデータ破損のおそれ

電力不足に伴う計画停電の実施を受け、ストレージ製品ベンダーが、停電による製品故障やデータ損失を防ぐため、電源管理について注意を呼びかけている。

停電により動作中に電源が落ちた場合、製品の故障やデータの破損、消失する可能性があるもの。ハードディスクやSSD、ハードディスクレコーダー、USBメモリなど、停電前に取り外したり、接続しているパソコンの電源を落としておくことを推奨している。

(Security NEXT - 2011/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
制御システムのインシデント事例を解説した資料 - IPA
「Lアラート全国合同訓練」を5月に実施 - 自治体やメディアなど参加
オムロン無停電電源装置向けソフトに脆弱性
電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら
自家発電中のさくら石狩DCに一部電力供給が再開
地震影響で全域停電の道内DC、自家発電でサービス継続 - 追加燃料の調達急ぐ
未明の北海道地震、全域で停電 - データセンターにも影響
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に