Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、アクセス管理ゲートウェイ用Androidアプリをリリース

ネットスプリングは、ネットワークへ接続した端末のアクセスを管理できるゲートウェイ「FEREC」のユーザー向けに、Android搭載端末用アプリの提供を開始した。

「SmartSignOn for FEREC Android版」は、「ID」と「パスワード」を入力することで、同ゲートウェイによる無線やVPNによる接続を実現するAndroidアプリ。同社子会社のシステム・エンジニアリング・サービスが開発した。

同社では、2010年8月よりiPhone版の提供を開始しており、今回のAndroid版を追加した。「Androidマーケット」から無償でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2011/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
「MS Edge 124」がリリース、脆弱性17件を修正
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを
スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」にXSSの脆弱性
最新Androidセキュアコーディングガイドに英語版 - JSSEC
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性4件を解消
Android 14の変更点をカバー - セキュアコーディングガイド新版
MS、ブラウザ「Edge」の脆弱性を修正 - Android版は更新版を準備中