Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、アクセス管理ゲートウェイ用Androidアプリをリリース

ネットスプリングは、ネットワークへ接続した端末のアクセスを管理できるゲートウェイ「FEREC」のユーザー向けに、Android搭載端末用アプリの提供を開始した。

「SmartSignOn for FEREC Android版」は、「ID」と「パスワード」を入力することで、同ゲートウェイによる無線やVPNによる接続を実現するAndroidアプリ。同社子会社のシステム・エンジニアリング・サービスが開発した。

同社では、2010年8月よりiPhone版の提供を開始しており、今回のAndroid版を追加した。「Androidマーケット」から無償でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2011/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応