Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ3件を公開 - いずれも「dllプリロード問題」に対処

日本マイクロソフトは、深刻度「緊急」1件を含む月例セキュリティ更新プログラム3件を公開した。いずれも「DLLファイル」の読み込み問題に対応している。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされる「MS11-015」は、すでに公開されている「DirectShow」の脆弱性1件と、「Windows Media Player」および「Windows Media Center」に影響する脆弱性1件を解消するプログラム。64ビット環境で動作する「Windows Server 2008 R2」のみ深刻度が1段階低い「重要」となっている。

細工された「dvr-msファイル」を開いた場合、コードで実行される可能性があるため、同プログラムを適用することで「dllファイル」と「Windows Mediaファイル」の開く方法を変更する。

残り2件はいずれも深刻度「重要」のプログラム。「MS11-017」では公開されている「Windowsリモートデスクトップクライアント」の脆弱性1件を修正した。「同5.2」から「同7.0」まで影響があり、「.rdp」ファイルを開く際に同じフォルダ内にある細工がされたライブラリファイルを開く脆弱性を修正した。

一方「MS11-016」では、「Microsoft Groove 2007 SP2」における「dllプリロード問題」を修正したもので、外部ライブラリをロードする方法に変更が加えられている。

(Security NEXT - 2011/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請