Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

試験問題を質問サイトに投稿した受験生が逮捕

京都大学などの入試問題が、インターネットの質問サイトへ試験時間中に投稿された問題で、関係したと見られる受験生が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

今回の件を受け、関連する大学では被害届を提出。警察による捜査が進められていたもの。書き込みには携帯電話が利用されており、関連する受験生を特定し、京都府警は3月3日に東北地方の予備校生を逮捕した。

早稲田大では、投稿された内容と酷似した答案1枚を発見し、答案を作成した受験生を不正行為と断定し、結果をすべて無効にした。また他大学についても、捜査により不正が判明した場合には、合格の取り消しなど対応を検討するとしている。

(Security NEXT - 2011/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
医学部卒業試験に患者情報、マスキング外れる - 富山大
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会