Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機能強化進むトロイの木馬「SpyEye」 - 「Zeus」のコードも統合

トロイの木馬「SpyEye」の最新亜種に、以前ライバル関係にあったトロイの木馬「Zeus」の機能が実装されていることを、EMCのセキュリティ部門であるRSAが確認した。

同社が「SpyEye V1.3」を分析したところ、「Zeus」の特徴である「HTMLインジェクション」の機能を発見したもの。10月ごろより両者の統合が噂されていた。

またそのほかにも、設定ファイルに対する暗号化技術の改良や、不正コードのカプセル化など、セキュリティ対策ソフトによる検知を逃れる技術を最新版では追加していた。

さらに機能別のモジュール構造の採用しており、開発やデザインの自由度を高めたり、機能ごとに販売を行えるなど、あらたな改良がくわえられているという。

RSAでは、今後「SpyEye」の利用が増加し、「Zeus」の勢いは徐々に衰えていくと分析。「SpyEye」の制作者は、「カーネルモードで動作するルートキット化」「リモートコントロール機能の強化」「管理コンソールの強化」など機能強化をアナウンスしていることから、同社では警戒を強めている。

(Security NEXT - 2011/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査