Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのセキュリティを強化した「HDE Controller 6.1」

HDEは、メールのセキュリティ機能を強化したLinuxサーバ管理ツール「HDE Controller 6.1」を1月28日より発売する。

同製品は、ウェブやメール、DNS、アカウント管理などLinuxサーバの統合管理が行えるソフトウェア。最新版では、「VMware ESX 4.1」「Red Hat Enterprise Linux 5.5」などへ対応したほか、メールデータの保存形式として「Maildir」に対応している。

くわえて最新版の「同Professional Edition」「同Virtual Edition」では、「25ポート」における「SMTP over TLS」の設定が可能となった。またサブミッションポートにおいてSSL暗号化通信を強制できるようになるなど、メールセキュリティの面を強化した。

価格は、「同Professional Edition」が11万5500円、「同Virtual Edition」が28万9800円、「同LG Edition」が15万2250円から。いずれも1年間のサポートが付属する。

(Security NEXT - 2011/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ