Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私物USBメモリが自家用車から盗難、翌日発見される - 四天王寺大学

四天王寺大学において、教員が鞄を盗難に遭い、学生や卒業生の個人情報が保存された私物のUSBメモリを一時紛失したことがわかった。

12月15日6時4分ごろ、同大教員の自家用車から鞄ごとUSBメモリを持ち去られたもの。被害に遭ったUSBメモリには、成績評価のために作成した在校生に関する資料が保存されており、氏名や出身校、学籍番号など在学生1420人分が含まれていたほか、連絡用に用意した資料には、卒業生109人分の個人情報が保存されていた。

被害に遭った教員が警察へ被害を届け、同大では関係者へ連絡を取るなど対応を進めていたが、被害翌日となる16日に鞄が発見され、USBメモリや資料を回収したという。同大では発見までの時間が短く、金品が被害に遭っているとして、個人情報が漏洩した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
公民館で個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 岐阜市
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
保育園の園児情報含むUSBメモリが盗難に - 福井市