Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客のアドレス722件をメール本文に記載して送信 - 電子書籍販売会社

電子書籍の出版、販売を展開する東村ジャパンは、ニュースメールの本文に顧客のアドレス722件を誤って記載し送信したことを明らかにした。

誤送信されたのは、12月19日16時40分ごろ一斉送信されたニュースメール。送信先である2287件へBCCを利用して送信したが、そのうち722件のアドレスがメールヘッダではなく、メール本文に記載された状態となり、1565件に送信されたという。

原因は、人為的なミスかソフトウェアの不具合によるものとしており、対象となる顧客に説明と謝罪を行い、アドレスが記載されたメールの削除を依頼。また、顧客への一斉メール配信を中止しており、事故への対応については今後公表するとしている。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ